テンキ―はこのタイプがオススメって話

スポンサーリンク
ITEM
この記事は約2分で読めます。

数字を扱う仕事をしていると自ずと使用する機械の増えるテンキー。

実はお勧めできるものと出来ないものがあるんです!

スポンサーリンク

おすすめできないタイプ

ズバリNumLockキーのついたテンキーはお勧めしません!

なぜならミスタイプでNumLockを押してしまい、一瞬テンキーが効かなくなる場合が多く非常にストレスがたまるからです!

しかし一般的に流通しているキーボードに標準搭載されているのは、

このNumLockが左隅に搭載されたタイプ。

さらにテンキーが独立したものを購入してもこのタイプは非常に多いので注意が必要です!

メンブレンかパンタグラフか

コスパ重視なら「メンブレン」

高速で入力するなら「パンタグラフ」

また、キーボードのキースイッチには、

広く流通しているタイプで二種類存在しています。

この二種類の選択は本当に個人の差があると思いますが、個人的には「パンタグラフ」の方を推します

なぜならキーの厚みがないため、指の運びがとても楽だからです!

「メンブレン」だと指が若干引っかかる時は「パンタグラフ」に替えてみてくださいね!

ちなみにノートPCだと備え付けのキーボードが壊れるとマザボからごっそり交換になってしまうそうです。

よく使う上に消耗の激しいテンキーは外付けが本当におすすめです!

おすすめできるタイプ

ずばりTabキーが搭載されたテンキーです!

表計算などでセルを移動させる際、違うタブへ移動したい時

テンキ―から手を放さずに操作が可能になるためです!

これによって手首への負担も抑えられますし、作業効率も目に見えてぐんと上がるので非常におすすめです!

さらに言うのであれば、「パンタグラフ」で「Tabキー」が搭載されたテンキーが最強です。

さらにBluetooth搭載のパソコンであれば無線型もおすすめですよ!

実際に今使用しているものを掲載しておくので、是非参考にしてみてくださいね!

オススメテンキー

コメント