12モンキーズ 最凶ウイルスVSブルースウィルス

スポンサーリンク
MOVIE
この記事は約3分で読めます。

上手いこと言おうとしただけで、実際はブルース・ウィリスの方がいい発音らしいですよ。

パンデミックとタイムリープという一見ちぐはぐな要素をMIXしたSF映画を徹底考察していきますよ!

スポンサーリンク

あらすじ

いつも同じ夢だった―空港を駆け抜ける男。膝から崩れ落ちる男。とり乱す女。それを見つめる少年・・・。

21世紀初頭、全世界に蔓延したウイルスによって、人類は絶滅の危機に瀕していた。

生き残った人々は地上を追われ、地下での生活を余儀なくされた。2035 年、科学者グループは原因を探るために調査を重ね、その謎に“12モンキーズ”が関わっていることをつきとめる。

囚人ジェームズは、特赦を条件に“12モンキーズ”の調査を命じられ、ウイルスが蔓延しはじめた1996年に送りこまれるのだが・・・。

時系列で追うストーリー 

12モンキーズ 年表
  • 1914~1918年
    第一次世界大戦 西部戦線

    ジェームズ2回目のタイムリープ。誤って全裸で送り込まれ、ついでに足を撃たれる。

    何故か同房のホセも送られており、ジェームズと共に戦場カメラマンの写真に写り込む。

  • 1990年
    ジェームズ初回のタイムリープ 精神病院にぶち込まれる

    患者仲間のジェフリー・ゴインズと精神科医キャサリン・ライリーと出会う。

    ジェフリーに”12モンキーズ”結成のきっかけを与える。

  • 199X年
    ジェームズ誕生

    世界は平和だった。

  • 1996年
    ジェームズ3回目のタイムリープ

    キャサリンを誘拐し、12モンキーズのアジトへと侵入

    ジェフリーが12モンキーズのリーダーという事が判明、直談判しに行くも破談。

  • 1996年
    キャサリン独自に”12モンキーズ”を調査開始

    キャサリンはジェームズが未来人という事を確信、12モンキーズのアジトに”IS THERE VIRUS? IS THIS SOURCE? 5,000,000,000 DIE?”とスプレーで落書き。

  • 1996年
    ジェームズとキャサリン逃避行開始

    キャサリン留守番電話に”協会の事務所が12モンキーズの秘密本部、事を実行するのは奴ら、私はもう限界 さよなら メリークリマス”と吹き込む。

    「海が見たい」というジェームズの夢を叶えるため飛行機に乗ってカリフォルニアを目指す。

  • 1996年
    真犯人ドクター・ピータースを発見

    12モンキーズはただの過激な環境保護団体だった。

    喜ぶのもつかの間、真犯人を空港で発見する。

  • 1996年
    ジェームズ射殺

    少年ジェームズが見ている前で警官により射殺。

    たびたび見ていた夢の内容は過去に実際に見た光景であった。

  • 1996年
    ハッピーエンド…?

    飛行機に乗ったピータースの隣には未来の科学者が座っていた。

  • 2035年
    地下ぐらし、絶滅寸前の人類

    大人になったジェームズにとっての”現代”

    3度のタイムスリップの度に重要なヒントが増えていく

次ページではラストシーンを考察!

コメント