税務・会計の仕事あるある

スポンサーリンク
COLUMN
この記事は約3分で読めます。

ヒョンなことから税務・会計の仕事に就いて5年、職場で感じるあるあるをまとめてみました。

スポンサーリンク

テンキーを打つのが速くなる

仕事始めて三ヶ月も経てば徐々にスピードが上がってくる、速く打てるとちょっと楽しい。

ブラインドタッチは当然のスキル、ガチでやるとすごい早いけど手元めっちゃキモくなりがち。

電卓は加算式一択

伝票をまとめるのに1番適した電卓、愛してる。

途中でどこを入力しているか見誤ることも少なく、高速で入力できる、愛してる。

多分普通の電卓にはもう、戻れない。

プッシュホンのダイアルを間違える

何で電話とテンキーの数字のボタンは配置が全然違うんですか!?

これのせいで全然知らない番号に電話かけていがち。

NUM LOCKキーが邪魔

あれ!?テンキー壊れた?とよく見ると大体NUM LOCKがついていがち

このキー一体なんのためにあるんだ!?あぁ!?

330、880などの数字にスッキリ感を覚える

銀行の振込手数料。

諸口も売掛金も、最終的にこの数字になれば綺麗に消える道筋が見えたことになる。

以前は324円とか864円とかもっと中途半端な数字だった。

店主貸・役員借入の万能さ

どんなに煮詰めても分かんなきゃよく相談した上でココにブチ込む。

最強の盾。

テレワークって何ですか?

人と会わずに仕事はできない、情報交換命。

テレワークはしたい。

灯油を消耗品にするか光熱費にするかで迷う

灯油って消耗するものだとも言えるし、暖を取るのに使うし…

まぁどっちでも良いんですけどね!!!!!!!!!!!!

ウラァ!!!!!!!!!

雑費に入れるものマジで雑がち

振込手数料も士業への報酬も、とりあえずブチ込める。

後で見返すとドキッとすることもあるのでちゃんと見返そうね。

別表5の意味が分からない

加算・・・?減算・・・?留保・社外流出・・・?

でも調査での修正の時にはその完成度にちょっとビビったりする。

仮想通貨はやらないで欲しい

何ってめんどくさいから。

正月がそんな嬉しくない

あぁ…申告期が近づいてくる…

3月第3週の緊張感

大体この時期に終わっていないのは持ってくるのが遅いか結果に満足していないかの二択。

どっちもタチが悪い。

この頃になると、3月15日になっても終わっていない夢を見始める。

2019年度の奇跡

まさかの期間延長措置!

これで楽になる!!!!と思ったがダラダラ忙しくなっただけだった。

あなたのあるあるは?

同じ様な職種に就いているあなた、是非あるあるをコメントに寄せてください。

筆者が喜びます、多分。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和2年度版 税務ハンドブック [ 杉田 宗久 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/7/9時点)


コメント