ブリグズビー・ベア 好きなものを諦めるなんて

スポンサーリンク
MOVIE
この記事は約2分で読めます。

ニッチな映画紹介するとかって謳っといて殆どメジャー目の映画じゃねーか!!

薄々感じてたんでミニシアター系の映画観てきたぞオラ

スポンサーリンク

あらすじ

誘拐されて25年間偽の両親に育てられてきたジェームス、一切外界の情報と遠ざけさせられた彼の唯一の楽しみは「ブリグズリーベア」という熊の教育番組のみでした。

警察に保護されたジェームスは初めての外の世界へ。そこでブリグズリーベアは偽の両親が作ったビデオである事、そして二度と続きは見られない事を知らされます。

一度は落胆するジェームスですが、番組は自分でも作れる事を知った途端、家族や友人とぶつかりながらも二度と見ることのできなかった続編の製作へと邁進していきますがー

とにかく優しい世界観

今作は設定こそぶっ飛んでるけども真の意味で悪人が出てこない映画です、主人公ジェームスを誘拐した偽の両親ですら狂気じみてはいますが人間味に溢れています。

特にお気に入りのキャラクターが主人公が最初に接した偽両親以外の人間である刑事さん。

最初こそ規則だ何だで非協力的な態度なのが、ブリグズリーベアそして主人公の必死さに魅せられていつの間にか協力していくのが堪りません!

漫画でも「うしおととら」の「とら」がものすごい好きなのですが、こういうツンツンしてる非協力的なキャラクターがだんだんデレてくるのがものすごく大好物なんですよ!!

更に軟禁されていた家から抜け出してできた友達たちもいい人が過ぎます。

経歴も見た目も行動もどこかズレてる主人公を温かくささえ、作品作りに協力してくれる。普通の映画であったらものすっごいからかわれて疎外感を感じるシーンがしばらく続きそうなものですが、今作はそこらへんあっさりしてて気持ちよく見れますね

どんな人にオススメの映画なの?

はじまりこそ誘拐され軟禁された先で唯一見ることのできた娯楽作品の続きが見たい!という歪んだような、一種の病的な感情によって突き動かされてきた主人公でしたが

終盤は仲間を見つけ一丸となって「ブリグズビー・ベア」という作品を作り上げ、過去と決別する様は作中一の熱さを感じました。

この作品自体、デザイナーの友達にオススメされたものでしたのでクリエーターを志す方にはかなりグッとくる内容の映画だと思いますよ!


コメント