怠け者必見!サボりながらも仕事してるっぽく見せるテク5選

スポンサーリンク
サボり サボるCOLUMN
この記事は約4分で読めます。

みなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!!!

仕事、ダルくないですか〜〜〜〜〜〜〜???!!!!

ダルくない???????

カマトトぶってんじゃあないよ!!!!!

変態!!!!!!!!!

仕事がだるかったり、仕事中暇すぎたりする怠け者のあなたにオススメする「サボりながらも仕事してるっぽく見せるテク」を考えました、読みたくなくても読んでください。

※後述するサボリテクニックを使用して、あなたの職場における地位や世間体が脆く崩れ去ったとしても、筆者は責任を負いません。ご利用は計画的にお願いいたします。

スポンサーリンク

タバコを吸う

喫煙者のみに許されたタバコ休憩という名の特権

健康という取り返しのつかないものを消費しなくてはいけませんが、タバコ休憩のサボり時間はサボりテクニックの中でもトップクラス!喫煙者は利用しない手はありません!

筆者自身は禁煙してしまいましたが、全盛期は1時間に一本喫煙所に行ってタバコを吸い、1日で非喫煙者よりも30分多く休憩を取得していました

1日で30分ですが、年間250日働いているとすれば125時間もサボることができるんです

ただタバコを吸いに行っていると非喫煙者からの視線が痛いって?

それなら次回の会議で使用する資料でも読みながらタバコを吸いましょうよ!なんか仕事してる風じゃないですか?

そもそもタバコ吸ってないって?

知らねーよ!!!!!!!!

トイレに行く

タバコを吸ってない方にオススメなのがトイレです

過敏性大腸炎などマジの疾患を抱えている方からはふざけんじゃねぇよと言われてしまうかもしれませんが、トイレの個室は不可侵であり最強のサボりスペースであります

なぜなら常識の範囲内のトイレ篭りならばサボりとは思われないからですし、仮にサボリだと思われても誰も突っ込むことはできません。

トイレの個室は会社に居ながらにして完全なプライベート空間であり、他人のトイレ事情に首を突っ込めるのはセクハラとして訴えられる覚悟を持った豪傑かデリカシー無しおじさんのみだからです。

ただしあくまで常識的範囲での回数と時間に留めておくことにしましょう、まじで心配されては敵わんので

エア電話

別名:ドッピオとも呼ばれるテクニックの一つ。

これは社用の携帯や自分の携帯に顧客から電話がかかってきたフリをしてオフィスを出る、という演技力の求められる中級者向けテクニックです

  • それっぽい会話をあらかじめシュミレートしておくこと
  • 相槌を打つターンも用意する
  • すまなそうにオフィスを出る
  • オフィスに戻るときもエア電話を続ける
  • エア電話をする相手の苗字も決めておく

上記のようなツボを押さえておけばまず疑われることはないでしょう、さらにこのテクニックはタバコ休憩と組み合わせて使用することでより長い時間をサボることができます

「とおおるるるるるるるるるるるるるるるる」

「ホレ!鳴ってるよッ聞こえるだろォォ〜〜〜〜〜〜〜?」

ノンストップ・ライティング

そもそもタバコも吸わないし携帯に電話もかかってこないしトイレにも恥ずかしくていけない、というあなたにオススメなのが「ノンストップ・ライティング」です

ノンストップ・ライティングとはアイデア出しの技法の一つ

やり方は非常に簡単「タイマーをセットし、時間いっぱい使って、とにかくなんでも書き連ねる」というルール無用の技法なのです、とにかく思いつくことを誤字脱字があっても校正せずに文字にしていく作業はストレス解消にもなるし、時にアイデアが浮かび上がってくるものでもあります

しかもず〜っとキーボードをカチャカチャすることができるので、ものすごく仕事をしてるっぽく見えますし、万が一画面を覗き込まれたとしても「いや〜ノンストップライティングしてるんスよ〜」とドヤることもできる攻防一体型のサボりテクニックです

タイピングが苦手?寿司打でもやってろよ!!!!!!!

最終奥義

ここまで読んでみてもピンとくるサボリテクニックがない、でも休みたい!

そんなワガママなあなたにオススメな最強サボリテクニック

それは「有給休暇の取得」と呼ばれています

このテクニックを実践すれば、あなたは誰にも邪魔されずに仕事をサボることができます!なんて素晴らしいんだ!VIVA有給

え?有給休暇が取れない?取れたとしても周りから冷ややかな目で見られるですって?

いや、ほんとに大変ですよね…すいませんね…なんかナマ言っちゃって…

怒られない範囲で!

サボるというのは背徳感もあってか、忙しい社会人にとって一服の清涼剤です

しかしバレてもいけません、そんな時にこの記事でも思い出してちょっとサボってみたらいかがですか?別に減るもんじゃないし。

でもあくまで怒られない常識的範囲に留めておきましょうね!

え?常識的な範囲がわからないって?

うるせぇ!行こう!(ドン!!!!)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

コメント