マティアス&マキシム 行間を読み解く

スポンサーリンク
マティアスアンドマキシム イラストMOVIE
この記事は約4分で読めます。

『Mommy/マミー』や『マイ・マザー』で注目されたグザヴィエ・ドラン監督最新作。

男同士の絆は友情なのか、はたまた愛情なのか?セクシャル・アイデンティティの揺らぎという重厚なテーマを扱っているが、いざ蓋を開けてみると、視聴者にぶん投げるところの多い映画であった。

スポンサーリンク

あらすじ

幼なじみである30歳のマティアスとマキシムは、友人の短編映画で男性同士のキスシーンを演じたことをきっかけに、心の底に眠っていた互いへの気持ちに気づき始める。

婚約者のいるマティアスは、親友に芽生えた感情に戸惑いを隠しきれない。

一方、マキシムは友情の崩壊を恐れ、思いを告げぬままオーストラリアへ旅立つ準備をしていた。別れが目前に迫る中、本当の思いを確かめようとするマティアスとマキシムだったが……。

ドキュメンタリー寄り

ポリティカルコレクトネスの動きの中で、マイノリティの中でも存在感を増すLGBT。

その注目度と比例して、創作の世界でも彼ら彼女らを扱う作品の数も増えている、今作はその中の一本だ。

ただ他の作品と違うのは、ノンケの男性たちの心の変化を描いている部分である。この映画で語られるのは、日常のほんのちょっとしたノイズから生まれるストーリーであり、一種のドキュメンタリーでもある。

友人との酒盛り、何気ない会話…ガブリエル・アルメイダ・フレイタスと監督でありながら自らを主演に置いたグザヴィエ・ドランの自然な好演が光る。

丁寧と冗長

しかしそうしたドキュメンタリータッチの弊害というべきか、長回しで登場人物の心情を描く場面が多く、山場までが長く平坦な傾向がある。

逆にいえば、友情と愛情の狭間で揺れる男性二人の心情を具に描き出している。

言ってはいけない一言の後、二人きりになると何故か笑ってしまう部分。大人数でワイワイしていても視界の隅にいるマキシムが気になる部分。ど

ちらのシーンもこんなに長くてええんか!?と思ってしまうほどだ。

ただそれも山場のシーンを盛り上げるための布石であって、意図があるものだ、冗長とぶった切るのは早計である。

行間

そして今作の最大の特徴であるのが、意味ありげな行間を読ませるシーンが多い所だ。

主人公であるマティアスもマキシムも自己の心情を言葉にして吐露する場面は少なく、彼らの心情の全てを汲み取るには、表情や行動や暗喩するシーンを我々視聴者が読み解くしかない。

ここからはそんな意味ありげなシーンを考察していこう!

観葉植物

マティアスの上司のオフィスに意味ありげに置いてあった観葉植物、マティアスはなんの気無しに見ていたが、ある日忽然と無くなっていた。

この観葉植物は今まで当たり前に隣にいたマキシムという存在を表現している。

長年友人でいたことで、一緒にいることが非常に自然であって最早目に付かない。その存在は長年置いている観葉植物に似ている。

しかしある日突然それは突然無くなってしまう、観葉植物があった部屋の隅には鉢植えから溢れた僅かな土が残り、再び観葉植物がそこにあったことを強く感じるようになる。

マキシムという当たり前の存在が、不意にオーストラリアに行ってしまう。そんな喪失感を現したシーンなのであった。

切れかけの蛍光灯

マキシムのお別れパーティー、マティアスは大いに荒れマキシムを追ってキッチンに向かう。キッチン前の部屋では蛍光灯がチカチカとついたり消えたりしていた。

マティアスが何回かスイッチを操作することで、蛍光灯は正常に輝き出す。

これはマティアスのマキシムに対する想いの揺らぎを表したものであると思う。

自分の抱えた想いが友情なのかはたまた愛情であるのか?マティアスはその狭間で揺れ不安定になることで暴言まで吐いてしまう。

友情が電気が消えた状態であるならば、愛情は電気がついた状態。チカチカと不安定な想いを抱いていたマティアスは、マキシムを追いかける内に一つの結論を見出したのだろう。

それは一種の気の迷いだったのかもしれないが、彼には明るく見えたに違いない。パッと明るくなった室内は彼をマキシムの待つ部屋へと送り出したのだった。

総評

今作は扱うテーマが扱うテーマなだけにとっつきにくい、さらに行間を読ませる時間が非常に多い作品で、かなり人を選ぶものだと思う。

大衆に向けたものというよりかも、グザヴィエ・ドランが『君の名前で僕を呼んで』を鑑賞して感じたものをぶつけた映像なのだろう。

2時間というそれなりの長さでありながらも、タイムラプスや洒落た演出のおかげかむしろ短く感じる。

あんまりデートムービーとしてはお勧めできないが、日曜日の日暮れ時に見るには丁度いいダウナーな映画であった。


コメント